ホットスムージー ダイエット

ダイエットや健康のためにスムージーを取り入れている人も多くいらっしゃると思います。しかし、冷たいスムージーを飲むことで身体を冷やすことがあるのも事実です。また、寒い季節に冷たい飲み物を飲むのは避けたいと思うこともあるでしょう。冬になると、冷たいスムージーを飲むことを止めてしまいたくなることも考えられます。

ホットスムージーは身体を冷やさないスムージー

身体を冷やさないためにオススメしたいのがホットスムージーです。温めて作るスムージーにより、寒い季節を乗り切ることが可能です。 内臓の冷えは脂肪の蓄積を促進させることから、太りやす身体を作ることになります。ホットスムージーは身体を温め、胃腸を冷やさない事で冷え性や風邪予防にも役立つと言われています。 スムージーと言えば酵素が多く含まれることが特徴ですが、熱を加えることで酵素は破壊されてしまうことがほとんどです。しかし、酵素以外にもたくさんの効果があります。

また、身体を温めることは、血行の促進にもなりさらに新陳代謝のアップにもつながりますから、ダイエットにも最適でしょう。 新陳代謝には酵素を取ることも効果的ですが、身体を温めることでも十分な効果を得ることができます。

ホットスムージーダイエットのやり方と効果はこちら

なぜホットスムージーが良いのか

通常、身体内部の活動に一番良い環境は体温が36~37度と言われています、体内で作られる酵素が効果的に働きます。体温が下がれば、体内酵素の働きは低下します。代謝酵素を活発にするためにも身体を温めることが効果的なのです。

胃腸の働きについても同じことが言えます。寒い季節は特に身体が冷えやすいため、その上に冷たいスムージーを摂取することで消化酵素が働かなくなり、さらに悪玉菌が増えるきっかけにもなりえます。

加熱によって得られる効果

加熱により、抗酸化力の上がるものもあります。特に人参は加熱することで、βカロテンの含有率がアップします。 また、リンゴに含まれるペクチンも加熱することで増加します。

ホットスムージーは酵素の効果がなくなるから無意味?

胃腸を冷やすことでその働きが低下することになり、便秘や肌荒れになりやすいため、ホットスムージーで身体の中から温めることで整腸作用も期待できるでしょう。 また、身体を温める根菜類やショウガなどを加えることにより、より身体が温まり、ホットスムージーの効果を得ることができます。作り方によっては、スープのように楽しむことも可能でしょう。寒い季節やクーラーによる冷えの改善に役立ちます。

ホットスムージーは新たなスムージーの形と言えるでしょう。寒い中、冷たいスムージーで我慢をするよりも、ホットスムージーを試してみてはいかがでしょうか。